rogo

NATIONAL SURIMI MANUFACTURERS ASSOCIATION

Flower

冷凍すり身の歴史

冷凍すり身とは

冷凍すり身とは、鮮魚の頭部及び内臓を除去し、洗浄した後、可食肉を皮及び骨から機械的に分離して得られた魚肉落とし身をさらに洗浄(水晒し)水切り、筋や黒皮、小骨等を機械的に除去精製し、脱水したものに砂糖やリン酸塩などの冷凍変性抑制剤を混合して凍結したものです。

すり身からSURIMIへ

冷凍すり身が開発されたのは今から39年前の昭和35年(1960)でした。
当時まったく新しい水産加工品であった冷凍すり身が、水産練り製品の原料として評価されたことで、水産練り製品の一大発展につながりました。冷凍すり身を して即席めんに匹敵する大発明といわれる所以です。今や冷凍すり身は世界各地で生産され、「SURIMI」は世界共通語となっています。

冷凍すり身誕生への道程

昭 和35年当時北海道立水産試験場の研究者グループが、北洋に眠っていた豊富な白身少脂魚のスケトウダラ資源の利用開発研究の結果、水産練り製品の原料とし ての無塩冷凍すり身を開発しました。またそれとは独立に当時京都大学農学部の研究者達も塩ずり魚肉の保存方法として加塩冷凍すり身を開発しました。

冷凍すり身の創生期

その当時水産練り製品業界では以西底曵漁による原料が不足し、これに代わる新しい原料を模索していた時代であり、その後冷凍すり身の生産量は急増しました。 開発当初の昭和35年の生産量は、わずか250トン(陸上すり身)でしたが、昭和40年(1965)には大手水産会社が洋上で加工船によるすり身(洋上す り身)の生産を本格化し冷凍すり身の生産量は急増しました。

冷凍すり身の国際化

現在その生産は全世界に広がり、その生産量はおおよそ50万トンにもおよんでいます。国内生産すり身の生産量は昭和51年(1976)の45万トンを最高 として年々減少し、特に200カイリ時代に入り国際的な規制のため洋上すり身の生産は激減しました。平成9年(1997)の国内生産量は13万トンまで減 少しています。逆に輸入すり身が昭和56年(1981)以降増加し、平成9年には26万トンが輸入されました。

冷凍すり身が支えるもの

しかし、国内生産量が減少したとはいえ現在でもスケトウダラは漁獲量30万トン台の多獲性魚であり、大量処理、魚価維持が図れるのは冷凍すり身しかありま せん。さらに、近年、20万トンと漁獲量が増えているホッケでは、生鮮消費以外の魚価維持には冷凍すり身に加工するしかありません。冷凍すり身製造業は水 産練り製品製造業ばかりでなく、漁業をも支えているのです。